ひろゆきと中田の学校えらび

 

2チャンネル創始者のひろゆきさんと、中田敦彦さんの我が子の学校えらび・いじめ対策などの子育て教育論についてまとめました。

ひろゆきのイジメ対策

イジメは解決しないで回避しよう

というのがひろゆきさんの考え方です
親に取って、子供のイジメは心配です。

でもイジメはなくならない。

解決するのもむずかしい。

とひろゆきさんは言います。

ではどうすれば良いのでしょう?


ひとつには格闘技を習わせるという方法があるとひろゆきさんは言います。

空手・ボクシング・柔術・柔道など

これらは男女ともに習えます。

自衛力を持って攻撃されにくくするのです。

 

もしくは転校するなどして学校を移すという方法もあります。

でも、もし子ども自体が人間関係が非常に苦手だと、移ってもイジメに遭ってしまうという場合もあります。




もし、学校に行けなくなったら、フリースクールや児童館など人がいるところに行ってみることをひろゆきさんは勧めています。

なぜなら学校は勉強を教わるところというよりは、コミュニケーションの場であることの方が大きいからです。

学校は人間関係や友達ができることがメリットです。

なので、ひろゆきさんは通信に関しては否定的です。

通信だと学校を受ける資格が得られたりしても、

人間関係の苦手意識が残ってしまうとひろゆきさんは言います。

結論
イジメを回避しながら、

どこか人がいる場所に行ってみよう!!

自衛に格闘技を習うのもアリ😉

イジメを回避しながら、自分が行ける人のいる場所を探して行ってみることを、ひろゆきさんは勧めています。

学歴について

学歴について、「いる」と言っている人と「いらない」と言っている人がいます。

ひろゆきさんはどうでしょうか?

 

学歴いらない論に関しては、ひろゆきさんは

「ちょっと待って!!」

と言ってます。
学歴いらないと言っている人は

たいてい何かで成功している人です

 

アーティスト・アスリート・芸能人など

 

でも大半の人は普通の人なのです

 

学歴はだいたいこれぐらい頑張れば、これくらい成功するなど分かりますが

 

アーティスト・アスリート・芸能人などは

どれだけ頑張っても成功できるかどうか分かりません。

 

だから普通の人にとって学歴は非常にコスパがいいと

ひろゆきさんは言います。

もし学歴取れないというなら、もちろんそれ以外の選択肢も全然ありますが、

普通の人にとって学歴は大きなアシストになります。

グローバルな視点でも、海外に移住したり、就職したりする時に、学歴が問われることがあります。

あっちゃんもシンガポールに移住した時に、学歴についてしっかりめに聞かれたとのことでした。

結論
学歴はコスパがいい

取れるなら取っておく

BY ひろゆき

中田敦彦の場合

中田敦彦さんがシンガポールに住んでいる一番の理由が教育だそうです。

シンガポールは中国語と英語が勉強できます

娘さんをシンガポールのインターナショナルスクールに通わせてるとのことでした。

日本の学歴は日本の中で

幅を利かせるためのもの

いい大学に入って、

いい企業に入れば安心だ

という時代ではない

とあっちゃん

時代が変わったのになんで小学校養育が変わってないんだよ!

僕の考えている子育て・教育の根幹が

夏休みの宿題をする子ではない

とあっちゃん。

 

今の日本の公立の小学校は最適解ではない

英語と中国語が日常的に話せて、お金の知識があれば、最悪、大学に行かなくてもいい

とあっちゃん


まとめ
いい大学・いい企業に入れば安心という時代は終わった

英語と中国語が日常的に話せて、お金の知識があれば生きていけるので

最悪、大学に行かなくていい

BY 中田敦彦

切り抜きにまとめたので良かったら見てください。

あっちゃんの子煩悩なパパの様子も見られます😄

チャンネル登録よろしくお願いします😉!!

おすすめの記事